アフターユニ ~海外大卒生のブログ~

カナダの大学卒業生が、留学で得た知識、英語の学習法、海外の面白い情報を発信してます。

プログラミングなしでゲームを作る(Part 9): GameMaker Studio2 の Drop and Drag 機能

f:id:yoru8888:20200616060644p:plain

こんにちは、Yoruです。

今回はゲーム上にスコアやハイスコアなどの文字を表示させる方法を紹介します。

 

前回の記事を読んでない方はこちら 

yoru8888.hatenablog.com

 

GameMaker Studio2をまだ良く知らない方はこちら

yoru8888.hatenablog.com

 

文字と変数を表示させる

youtu.be

f:id:yoru8888:20200622164441p:plain

① まずは新しい object(名前: oGame) を作ります。 

② oGame > Add Event > Other > Game Start を選択。

③ Set Global Variable を検索し、ドラッグ。

Set Global Variable: 全てのオブジェクトに対応する変数を作る。

今回は3つの変数(プレイヤーのスコア、ハイスコア、ライフポイント)を作ります。

スコア: Name = player_score, Value = 0

ハイスコア: Name = high_score, Value = 0

ライフ: Name = player_lives, Value = 3 (ライフを3にします)

 

youtu.be

f:id:yoru8888:20200622175446p:plain

① oGame > Add Event > Draw > Draw を選択 

② Draw Value を検索し、ドラッグ。

Draw Value: 文字や、変数をゲーム上に表示する。まずはスコアを表示してみます。

Caption = "Score:", Value = global.player_score, x = 8, y = 8

 

f:id:yoru8888:20200622175829p:plain

③ room(rGame) に oControl をドラッグ。

 

f:id:yoru8888:20200622183417p:plain

左上に文字が表示されました。

 

次に文字のフォントやサイズの変更方法を紹介します。 

youtu.be

f:id:yoru8888:20200622185022p:plain

① Resorces > Fonts > Create Font で fGame と名前をつける。

② Select Font から好きなフォント(Impact) を選ぶ。

③ Size から大きさを調整 (20)。

 

f:id:yoru8888:20200622172106p:plain

 ④ oControl > Game Start > Set Font を検索し、ドラッグ。

⑤ Font = fGame とし、Set Global Variable の変数にフォントを適応させる。

 

f:id:yoru8888:20200622183425p:plain

これで自分の好きなフォントに変更できました。

 

次に、High Score の表示を右側に配置します。

youtu.be

f:id:yoru8888:20200623072343p:plain

① oControl > Set Text Alignment を検索し、ドラッグ。

Set Text Alignment: 指定した位置から文字を揃えて配置させる。

スコアを左揃え & 上揃えにするには、

HAlign = fa.left (左揃え) , VAlign = fa. top (上揃え)

 

② スコアと同様にハイスコアを表示させます。(右揃え & 上揃え)

Draw Value: Caption = "HIgh Score", Value = global.high_score,

x = room_width - 8, y = 8

Set Text Alignment: HAlign = fa_right (右揃え), VAlign = fa.top (上揃え)

 

f:id:yoru8888:20200623073641p:plain

これでスコア、ハイスコアを表示することができました。 

 

次の記事でライフポイントをスクリプトを使って表示させる方法を紹介します。

yoru8888.hatenablog.com