アフターユニ ~海外大卒生のブログ~

カナダの大学卒業生が、留学で得た知識、英語の学習法、海外の面白い情報を発信してます。

プログラミングなしでゲームを作る(Part 12): GameMaker Studio2 の Drop and Drag 機能

f:id:yoru8888:20200616060644p:plain

こんにちは、Yoruです。

今回はボールがルームの底を通過した時、表示されているライフポイントを減らし、プレイヤーとボールを初期位置に戻すイベントを作ります。

 

前回の記事を読んでない方はこちら 

 

GameMaker Studio2をまだ良く知らない方はこちら

 

ゲームコンティニュー

youtu.be

f:id:yoru8888:20200623204801p:plain

① If Variable を検索し、ドラッグ。

ボールがルームの底を通り過ぎた時の if文を作ります。

Variable = bbox_bottom, is = Greater, Value = room_height

 

② Set Global Variable を検索し、ドラッグ。

ライフポイントを一つ減らします。

Name = player_lives, Value = -1, Relative にチェック

 

③ Destroy Instance を検索し、ドラッグ。

ボールを消滅させます。

 

④ Create Instance を検索しドラッグ。

ボールを出現させます。

object = oBall

x = xStart(xStart: x軸上のボールの初期位置)

 y = yStart(yStart: y軸上のボールの初期位置)

 

⑤ Assign Variable を検索し、ドラッグ。

プレイヤー(oBat)も初期位置に戻し、ボールと連動させます。

oBat を選択, Name = x (x: oBat の x軸上の位置), Value = xStart

 

これでボールがルームの底を通り過ぎると、ライフポイントが減り、ボールとプレイヤーが初期位置に戻るようになりました。